« どんどん出て来い! | トップページ | バランサー回路のその後 »

2005/10/08

Watt’s Up導入

以前はアストロフライトのワットメーターを使っていましたが、飛行中の電流諸元を知りたいものです。
今回タイトルのワッツアップVer.2を搭載して最大電流値を計測。
CIMG3934small

軽いフリップをした結果は最大「60アンペア」でした、飛行中の最大電力値「1530ワット」。
ESCの許容は77アンペアなので十分安心できる結果\(^o^)/。
これから先の予定は・・・スカディEPでやっていくとなるとまずモーターマウント、クラッチ関係を取り外すこと
それだけで200グラム以上は軽量化できるはず、純正な電動機で無い機体はまだまだ残すところが多いね。

« どんどん出て来い! | トップページ | バランサー回路のその後 »

模型飛行機関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39705/6310773

この記事へのトラックバック一覧です: Watt’s Up導入:

« どんどん出て来い! | トップページ | バランサー回路のその後 »

NOBLOG_photos

  • アルバムへのアクセス。 懐かしいチーム名を半角大文字で入力してください。 TEAM「○○○○」 (パスも同じだよ)(^_-)-☆
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30